*

しまかぜの予約のコツや取り方は?開始時間は何時から?取りやすい時期はある?

公開日: : トラベル

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

伊勢神宮に行く時に乗りたい観光列車の「しまかぜ」。

 

しまかぜは人気の電車だからなかなか予約が取れないし、特に大阪~賢島間は難関ですよね。

 

私も何回かチャレンジしたんですけど発売と同時に売り切れて予約が取れなかったことがあります。

 

でも今回ちょっと予約のコツというか裏ワザというかダメもとでチャレンジしてみたら予約が取れたのでしまかぜの予約の取り方をご紹介したいと思います!

 

 

しまかぜの予約の取り方は?

しまかぜの予約の取り方は近鉄主要駅の特急券窓口、インターネット、近畿日本ツーリストや日本旅行などの旅行代理店で予約を取ることができます。

 

旅行代理店で申し込むしまかぜが確約されているのツアー以外で申し込む場合、私のおすすめはインターネットです。

 

インターネットでの予約にもちょっとしたコツを使えば普通にインターネットで予約するよりも予約が取りやすくはなると思います。それでも確約はなかなか難しいですけどね(^^;

しまかぜの予約のコツは?

しまかぜの予約にはちょっとしたコツがあります。

それは近鉄のインターネットで会員登録をしてから買う方法です。

 

近鉄電車のインターネット会員登録はこちら

 

会員登録をしていると名前などの個人情報を書いたり、決済方法なども記入する必要もないから早く購入または予約を完了させることができます。

 

予約開始の10時半前までにログインして発着駅を記入してしまかぜの予約が開始されるまで待ちます。

 

そしてスマホから座席指定せずに予約する方法がおすすめです。

 

そしてなぜスマホがおすすめなのかというと、パソコンでチケットを買う場合はシートマップを見ながら座席を選びたくなるんですよね。でもこの座席を選んでいる間にもどんどんしまかぜの席は埋まっていきます。

 

スマホでも席は選べるのですが「窓側・通路側・1人席」と選べる範囲がシンプルです。

 

また席を指定しなくても自動的に席を選んで予約してくれるので、予約完了までの時間が短いので早く予約することができます。

 

実際に私は座席指定をせずに2人分の席を予約したのですが、バラバラになるかな?と思ったんですけど運よく2人席を予約することが出来ました。

 

その他のコツとしては、しまかぜの空きがある日に合わせて旅行を組む、またはキャンセルが出るまで予約画面を何回か確認するというのも手だと思います。

 

最終手段はしまかぜの予約が確定しているクラブツーリズムのツアーに申し込む方法ですね。

 

しまかぜの予約の開始時間は何時から?

しまかぜの予約はしまかぜに乗る1ヶ月前の10時30分からになります。

 

なのでしまかぜを予約する場合は10時半までには近鉄の会員画面にログインしておく必要があります。

 

しまかぜは開始時間の10時半から5分もしないうちに売り切れることが多いです。特に土曜日のしまかぜの予約の難易度は高いです!

 

だからモタモタしてるとすぐに席が埋まってしまうので座席指定とかせずにどの席でもいいからしまかぜに乗りたい!という方は席指定はせずにすぐ予約すると予約できる可能性は上がります。

 

また一度乗りたい日に予約が埋まってしまっても後から予約画面を見てみると空きが出たということもあるので、諦めずに予約してみることもおすすめします。

実際に私のケースですが、10時半に予約しようとしてすぐ満席になって一度は諦めたのですがお昼頃もう一度同じ日で予約しようと予約画面に行ってみたら予約することができました。

しまかぜの予約を取りやすい時はある?

しまかぜの予約を取りやすい時はシーズンオフの平日または伊勢神宮への参拝客が少ない季節の梅雨の時です。

 

伊勢神宮の混雑時期はらくらく伊勢もうでの混雑カレンダーで確認できるので、混雑カレンダーで空いてる日を狙うと予約も取りやすくなります。

 

らくらく伊勢もうでの混雑カレンダーはこちら

 

また大阪⇒伊勢市・宇治山田方面は予約が取りにくいのですが、伊勢市⇒大阪方面は比較的予約が取りやすいほうです。

しまかぜ1号車のプレミアムカーに乗ってみた!

私が運よく予約できたしまかぜは1号車のプレミアムカー。

 

しまかぜの座席はふかふかでものすごく快適でした!

しまかぜは乗車したらおしぼりと記念乗車証がもらえます。なんだかプレミアムな感じがしますよね~。

車内にはカフェ車両もあって、カフェではランチもできます。カフェには売店もあって「しまかぜ弁当」も販売しています。

 

しまかぜ弁当はわざわざ売店に買いにいかなくても車内販売でも買うことができます。

でもせっかくだから売店&カフェのある車両まで散策に行くのもおすすめです♪売店ではしまかぜでしか買えない限定のグッズがあります。

しまかぜ弁当1240円。

普通に買う幕の内弁当よりボリュームもあって色々種類があってお得です♪

まとめ

しまかぜの予約のコツは近鉄のインターネット会員に登録してから予約すると、普通に会員登録せずに予約するよりは比較的予約が取りやすかったです!

 

もう一つのコツとしては座席は選ばないことですね。

 

シートマップで座席を選んでる時間に予約がどんどん埋まってしまうのでどの席でもいいからしまかぜに乗りたい!という場合は座席指定をせずに予約されると予約も取りやすいと思います。

 

それでも確証は難しいですけど、一度今回ご紹介したしまかぜの予約のコツも試してみてくださいね!

 

なかなかインターネットで会員登録までして予約するのはちょっと、でもしまかぜには乗りたい!という方にはクラブツーリズムのしまかぜが確約されたツアーに申し込むのもおすすめですよ♪

 

 

鶴橋JR駅から近鉄へ乗り換えはこちらの「鶴橋JRから近鉄への乗り換えは?ICOCAは使える?特急券の窓口もあって便利!」という記事も参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】
伊勢神宮は何時から参拝できる?御朱印が頂ける時間や駐車場の時間もご紹介!
伊勢神宮所要時間別回り方!おかげ横丁でのおすすめ店もご紹介!
伊勢神宮参拝におすすめの露天風呂付き客室のある旅館8選!
伊勢神宮参拝時におすすめの高級・温泉・一人旅・安い目的別ホテル14選!

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

与論島ツアー!東京・大阪・福岡からのアクセスは?ツアーがお得?

奄美群島の中でも沖縄に近い 鹿児島県最南端に位置する島「与論島」。   島は

記事を読む

北野ホテルの世界一の朝食へ行ってきた!憧れのオーベルジュ宿泊記!

神戸北野にある憧れのオーベルジュホテル「神戸北野ホテル」といえば、世界一の朝食で有名ですよね。

記事を読む

佐川美術館の割引券クーポンはある?滞在所要時間と行き方もご紹介!

水の中に浮かんでいるような絶景の美術館「佐川美術館」。   佐川美術館は琵琶湖

記事を読む

大阪のビジネスホテルで女性におすすめのおしゃれなホテル7選!

ビジネスホテルでも最近のものはシックでオシャレな所が増えてきていますね。セキュリティーがしっかりして

記事を読む

伊勢神宮は内宮外宮どっちを先に参拝したらいい?正しい周り方でご利益アップ!

伊勢神宮は内宮と外宮のどっちを先に参拝したらいいのかな?   ご利益がアップす

記事を読む

広島観光におすすめのおしゃれなホテル7選!女子旅にもオススメ!

街の規模は大きいのにもかかわらず、どこかのんびりと過ごすことが出来る広島。原爆ドームや厳島神社など世

記事を読む

関西のおしゃれな隠れ家で癒されたい!おすすめの厳選宿7選!

豪華なリゾートホテルもいいけども、たまには隠れ家的な宿にも泊まってみたいと思いませんか?誰も知らない

記事を読む

長野県で料理が美味しいと評判のおしゃれなオーベルジュ6選!

フランスが発祥のオーベルジュ。郊外などにある料理自慢の宿泊施設でその土地の食材を使った美味しい料理を

記事を読む

軽井沢のおしゃれなコテージおすすめ7選!バーベキューも楽しめる!

東京から新幹線で1時間で行くことができるリゾート地で人気の軽井沢。   軽井沢

記事を読む

大阪から博多へ安い行き方は?所要時間・値段別で安く行く方法を徹底比較!

大阪博多間を走る新幹線は「のぞみ」「みずほ」「さくら」「ひかり」「こだま」と5種類の新幹線が走ってい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
貴船の川床ランチで安い&リーズナブルなおすすめのお店4選!

京都の夏の風物詩といえば貴船の川床料理が人気ですよね。 &nbs

シャルルドゴール空港からホテル送迎におすすめのエミトラベル!

シャルルドゴール空港からホテルまでの移動には送迎シャトルサービスがおす

パリのホテルで泊まって良かったおしゃれな高級ホテル2選!

フランスのパリのホテルで泊まって良かったおしゃれなホテルといえば「イン

モンサンミッシェルの所要時間はどのくらい?日帰りで個人でも行ける?パリからの行き方もご紹介!

パリからバスで4時間半ほどの所要時間で行くことができる世界遺産のモンサ

モンサンミッシェルへ安く行く方法は?パリからの行き方をご紹介!

フランスに行ったら一度は訪れたい世界遺産のモンサンミッシェル。

→もっと見る

PAGE TOP ↑