*

有馬温泉ロープウェイの割引チケットを使って六甲山を楽しもう!

公開日: : 最終更新日:2019/03/11 トラベル

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

有馬温泉に来たらロープウェイで六甲山からの絶景も楽しみたいですよね!

 

このロープウェイが往復1820円と結構値段します。でも割引チケットがあったら割引チケットを使って安くロープウェイに乗ることができますよ!

 

また有馬温泉ロープウェイの駐車場情報や六甲山頂のおすすめスポットも掲載しているので参考にしてみて下さいね。

 

六甲有馬ロープウェイの割引情報

六甲有馬ロープウェー&自然体感展望台六甲枝垂れ 特別優待セット券

有馬温泉街のホテルや旅館で販売している「六甲有馬ロープウェー&自然体感展望台六甲枝垂れ 特別優待セット券」。

 

通常1820円の往復ロープウェイが1,820円⇒1,100円と720円も割引に!片道でも1,010円⇒700円と310円も割引とお得♪

 

中の坊瑞苑、有馬グランドホテル、かんぽの宿などで販売しているので宿泊される時やホテルや旅館を日帰りランチで利用する際にフロントか売店で聞いてみるといいですよ!

 

六甲高山植物園や六甲オルゴールミュージアムと六甲山頂の施設の割引券もついてるからこれは本当にお得!

 

JAF優待施設

JAFカードをもってたら4名まで20%の割引になります。JAF会員の方は会員証をお忘れなく!

 

六甲有馬ロープウェーのJAF会員割引情報はこちら

六甲山割引クーポン

ホテルや観光案内所に置いてある「六甲山割引クーポン」のチラシを持ってると2割引になりますよ!

 

温泉旅館に立ち寄らない場合や、JAFカード持ってない場合は観光案内所にも置いてあるチラシを探してみましょう。

 

一番安いのはかんぽの宿でランチバイキングと日帰り温泉を楽しんで、かんぽの宿で「六甲有馬ロープウェー&自然体感展望台六甲枝垂れ 特別優待セット券」買ってからロープウェイに行くのがおすすめですね。日帰り温泉、ランチ、有馬ロープウェイと全部楽しめますよ。

六甲有馬ロープウェイ有馬温泉駅の駐車場

有馬温泉のロープウェイ乗り場近くにはロープウェイの乗車券を見せると駐車料金が無料になる駐車場があります。

無料駐車場って書いてるんですけどロープウェイの乗車券がなかったら620円かかります。

このロープウェイ乗車券のチケットをなくすと無料にならないから駐車場から出るまで大切にしまっておいてくださいね。

有馬温泉ロープウェイへの行き方

有馬温泉駅からロープウェイ乗り場までは歩いて約20分。車だと有馬口JCTから約7分で行くことができます。

 

歩きの場合だと中心街を抜けた辺りから上り坂が続くので最後の10~15分くらいはキツイです!

 

車の場合も池之坊有料駐車場を過ぎた辺りから少し道が細くなるので運転に気をつけてくださいね。でも細いといっても車2台はすれ違うことができるくらいの細さです。

 

ロープウェーの運行状況は六甲有馬ロープウエーの公式サイトに掲載されているのでサイトで運行状況も確認してみてくださいね。

 

六甲有馬ロープウェー
料金:片道大人1010円、子供510円
往復:大人1820円、子供910円
時刻表:10分、30分、50分の20分間隔で運転
六甲有馬ロープウェーの詳細はこちら

有馬温泉からロープウェイで六甲山からの絶景、夜景を楽しもう!

冬はロープウェイの終発が17:10なので夜景を見るのが難しいけど、春から秋にかけては土曜日だと夜8時半頃まで、夏だと9時半まで運行しています。

六甲有馬ロープウェーの時刻表です。(2018年1月調べ)。

 

有馬温泉に観光に来たらちょっと足を伸ばして六甲山からの1,000万ドルの夜景を満喫するのもおすすめですよ!

有馬温泉ロープウェイから見る有馬温泉街の風景。

冬の六甲山頂には雪が積もることもあります。都会からアクセスも便利で気軽に雪をみることができる貴重な場所ですね。

紅葉の季節にはロープウェイから六甲山の紅葉も楽しめますよ♪

 

六甲山~有馬温泉ハイキング情報

紅葉の季節は六甲山頂から有馬温泉にかけてハイキングもおすすめ。

 

紅葉谷と呼ばれるハイキングコースは六甲の紅葉を眺めながら下りがメインのハイキングを楽しむことができます。今は土砂が流れてて通行止めになってるルートもあるのでハイキングに行く場合は神戸市の情報を見てからにしましょうね。

 

神戸市 通行規制情報(通行止めなど)

 

ロープウェイを降りて歩いて2~3分の所にお土産やレストラン、神戸の街並みや夜景が楽しめる絶景デッキがある六甲ガーデンテラスがあるのでおすすめです!

 

あと六甲ガーデンテラスだけじゃなくちょっと足を伸ばすと六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園、TENRAN CAFEと色々観光スポットもあります。山頂はバスで移動が出来るので時間があったら是非!

六甲山頂のおすすめスポット六甲ガーデンテラス

見晴らしのデッキ

ロープウェイから一番近い絶景スポット。神戸市内や大阪湾まで見渡せるここからの景色は夜になると1000万ドルの夜景を楽しむことができますよ!

夏はここから眺める神戸の花火大会もおすすめです。ちょっと遠いけどね。

天気がいい日のここからの眺めは最高です!

自然体感展望台 六甲枝垂れ

六甲山の新名所で四季折々の自然を体験できる展望台。

夜にはLEDを使った光のイベントもあるから山頂から眺める神戸市内の夜景とあわせて楽しめる山頂の新しい夜景スポットです!

グラニットカフェ

山頂まで来たらカフェで絶景を眺めながらのお茶やグルメも楽しみたいですよね!

 

テラス席からは絶景を眺めながらランチも楽しめますよ!夜だと夜景を眺めながらのディナーも楽しめるからデートにもおすすめです。

 

有馬温泉からロープウェイを使って、六甲山頂駅から歩いて3分にあるカフェだから夜景もアクセスしやすくておすすめです♪

 

六甲ガーデンテラス
兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877−9
六甲ガーデンテラスの詳細はこちら

【関連記事】
有馬温泉日帰り観光のおすすめスポット6選と日帰り温泉が出来る宿4選!
有馬温泉の駐車場で安い所からタイムズの穴場まで10選!
有馬温泉で日帰りプランと貸切風呂・家族風呂がある人気旅館7選!

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

【大阪から東京の新幹線を安く買う方法】10種類の方法をご紹介!

「大阪から東京の新幹線を安く買う方法ってあるのかな?」 「新幹線の安いきっぷを買う方法があったら知

記事を読む

北海道のおしゃれなコテージがあるオススメのキャンプ場穴場10選!

雄大な北海道の大自然に囲まれてのキャンプは開放感たっぷりで癒されますよね。冬の間は営業していないキャ

記事を読む

大阪から伊勢神宮へ電車での行き方は?安いアクセス方法もご紹介!

大阪から伊勢神宮へ電車での行き方は   ①上本町駅や鶴橋駅から近鉄電車の急行(

記事を読む

新幹線を予約なしでも乗る乗り方は意外と簡単!初めてでもここだけ押さえてれば大丈夫!

「新幹線に初めて乗る場合、予約なしでも乗れるのかな?乗り方とかは在来線と違うのかな?」 &nb

記事を読む

関西・西日本の夏に訪れたい絶景スポットおすすめ7選!

青い空、白い雲、青々と茂る深緑の森。夏はどこを撮っても画になる風景が多く、コントラストが強めの写真を

記事を読む

河口湖観光で富士山がキレイに見える場所3選!子供連れにもおすすめ!

河口湖観光のメインといえばやっぱり富士山!雄大な富士山を間近で見ることが出来る河口湖は河口湖と富士山

記事を読む

沖縄・離島のリゾートホテル、誰も知らない高級隠れ宿9選!

日本の楽園といえば沖縄ですね。   沖縄といえば本島が有名で観光客がよく訪れる

記事を読む

京都駅から清水寺まで市バスの所要時間や料金は?京阪電車や地下鉄でのアクセス方法もご紹介!

京都で人気の観光地清水寺。   京都駅から清水寺まではバス1本で行けるけど所要

記事を読む

関西の日帰り温泉で個室で露天風呂付きプランがある温泉旅館6選!

休日にゆっくりすごしたい時に行きたくなるのが温泉。でも泊まるとちょっと高くつきますよね。 &n

記事を読む

ホテル日航金沢のアメニティは?パジャマはある?スタイリッシュツイン宿泊記!

金沢観光に便利な金沢駅から地下道で直結しているホテル日航金沢に宿泊してきました。  

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
三重の日帰り温泉で人気の貸切風呂があるおしゃれな温泉7選!

「三重の日帰り温泉で貸切風呂がある温泉はないかな?」  

納豆の賞味期限
納豆の賞味期限はいつまでいける?白い粒が出ても大丈夫?おすすめの保存方法もご紹介!

大豆イソフラボンが多く含まれていてダイエットや美容と女性にうれしい納豆

大阪の日帰り温泉で源泉かけ流しが楽しめるおすすめ温泉9選!

「大阪の日帰り温泉で源泉かけ流の温泉に入れる温泉施設はどこにあるの?」

関西の清流で川遊びが楽しめるキャンプ場おすすめ12選!

「関西の清流で川遊びも出来るキャンプ場はないかな?」  

滋賀のコテージで大人数で泊まれるおすすめスポット6選!【10人以上でも大丈夫】

「滋賀県のコテージで大人数で泊まれる場所はないかな?」 &nbs

→もっと見る

PAGE TOP ↑