*

沖縄車なし2泊3日の観光プラン!バスや送迎を上手に使って名所に行ける!

公開日: : トラベル

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

沖縄にひとり旅や女子旅で遊びに行く場合、車の運転が不安な時って車なしでも観光できるのか気になりますよね。

 

沖縄は確かにレンタカーがあったほうが便利なんですけど、運転が不安な場合はレンタカーもいやですよね~。

 

でも沖縄には行きたい!ですよね!沖縄はバスだけで観光できる名所もたくさんあります。

 

今回は沖縄車なしでも名所にいける2泊3日沖縄満喫観光プランをご紹介したいと思います!

 

 

沖縄車なしプラン1日目 美ら海水族館

沖縄空港から高速バスで約2時間半~3時間に位置する沖縄美ら海水族館。車なしで観光する場合一番遠い場所を初日に行った方が後々ゆっくりできるからおすすめです。

 

那覇空港亜から沖縄美ら海水族館

那覇空港から沖縄美ら海水族館までは直通の高速バスが3社走っています。3社の中で一番本数が多いのは沖縄エアポートシャトルバス。

 

沖縄エアポートシャトルバスの詳細はこちら

 

沖縄エアポートシャトルバスのスケジュール例(2018年11月調べ)

那覇空港 国内線ターミナル 9:00 10:00 11:00 12:30
記念公園前(美ら海水族館) 11:42 12:33 12:33 15:03

 

美ら海水族館へ行くバスは1日12本走ってて本数が一番多いですね。

 

この時間帯以外にも他社のバスが走っているので那覇空港から美ら海水族館へ行くへのバスでの行き方はこちらの「那覇空港から美ら海水族館への行き方や所要時間は?車なしでもバスで行ける!」も参考にしてみて下さいね。

 

例えば9時半~10時ごろに那覇空港に着く飛行機で沖縄に行くプランを作ってみました。

 

■沖縄車なしプラン 1日目
9時半~10時 那覇空港着
11:00 那覇空港発
↓ 空港シャトルバス
13:34 記念公園前(美ら海水族館)
美ら海水族館 滞在2時間半
16:08 記念公園前(美ら海水族館)
↓ バス
17:02 名護バスターミナル着
17:30 名護バスターミナル発
↓ バス
17:53 ブセナリゾート前

 

沖縄美ら海水族館からブセナテラス

美ら海水族館近くのホテルがいい場合は「ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ」があるけど、せっかく沖縄にきたら1日くらいはちょっといいリゾートホテルにも泊まりたいのでブセナリゾートに宿泊プランにしました。

 

特に次の日万座毛へ行くのには、荷物が多い場合はホテルに置いてから万座毛に行ってまたホテルに荷物を取りに戻らないといけないから、1日目のホテルは万座毛になるべく近いホテルがおすすめです。

 

 

美ら海水族館からブセナリゾートへはバスで記念公園前(美ら海水族館)から名護バスターミナルに行きます。

 

記念公園前から名護バスターミナルの時刻表はこちら

 

例えば↓の時刻表は美ら海水族館から名護バスターミナルまでの土日の時刻表なんですけど、16時台が比較的多く走ってます。

 

記念公園前(美ら海水族館) 15:08 16:08 16:11 16:21
名護バスターミナル 16:02 17:02 17:08 17:10

 

美ら海水族館から名護バスターミナルまで出て、名護バスターミナルからブセナリゾートへは那覇バスターミナルへのバスで行くことができます。

 

名護バスターミナルから那覇バスターミナルへの時刻表はこちら

 

例えば↓の時刻表は名護バスターミナルからブセナリゾートまでの土日の時刻表なんですけど、30分間隔とあまり運行数は多くはないですね。

名護バスターミナル 17:00 17:30 18:00 18:30
ブセナリゾート前 17:22 17:52 18:22 18:52

 

バスの時刻表は2018年11月調べなので実際にお出かけの際は時刻表はバス会社の公式サイトで確認してくださいね!

沖縄車なしプラン2日目 万座毛と首里城、国際通り

沖縄車なしプランの2日目はブセナリゾートから万座毛へ行き、そのまま沖縄中心部へ移動します。今回のプランでは万座毛まで荷物を持っての移動プランです。荷物をホテルに置いてから行く場合はまたホテルに荷物を取りに戻るからプラス30分~1時間ほど多めに見ておく必要があります。

 

■沖縄車なしプラン 2日目
ブセナリゾート
↓ バス20分
恩納村役場前バス停
↓ 徒歩15分
万座毛 所要時間15分
↓ 徒歩15分
恩納村役場前バス停
↓ バス 約1時間半
県庁北口バス停
ホテルへチェックイン
県庁前駅
↓ ゆいレール 15分
首里駅
↓ 徒歩15分
首里城
↓ ゆいレール10分
牧志駅
↓ 駅すぐ目の前から国際通り
国際通り
↓ 徒歩20分
ホテル

 

ブセナテラスから万座毛

ブセナリゾートから万座毛と万座毛から沖縄市街地へは那覇バスターミナルへのバスで移動することができます。

 

名護バスターミナルから那覇バスターミナルへの時刻表はこちら

 

ブセナリゾートから万座毛の最寄りバス停までのスケジュール(2018年11月調べ)

ブセナリゾート前 8:58 9:23 9:43
恩納村役場前 9:14 9:39 9:59

 

沖縄の名所といえばやはり万座毛は外せないですよね!ただバスでの移動だから最寄のバス停の「恩納村役場前」から万座毛へは15分ほど歩きます。

 

だから真夏のバス旅はちょっと歩く距離とか気をつけてくださいね。沖縄の夏は本当に暑いですから!肌がね、焼けそうな暑さです。

 

またこの那覇バスターミナルへ行くバスは30分に1本しか走っていないので、ブセナテラスを早くチェックアウトする必要もあります。

 

バスがめんどくさい場合だとブセナテラスには貸切ハイヤーサービスも予約できるのでバスの時間を気にしたくない場合はブセナテラス⇔万座毛の観光はハイヤーサービスを使うのもありですね。

 

万座毛から沖縄市街地

万座毛へ行ったら一度荷物を取りにホテルに戻ってから、沖縄市街地への移動になります。このあたりが車なしでの旅行のつらい所ですよね・・・。だからホテルの場所は万座毛から近い場所を選びました。

 

荷物が少ない場合はそのまま万座毛から沖縄市街地へ移動できますね。

 

万座毛から沖縄市街地への移動も那覇バスターミナル行きのバスで行けます。バスの所要時間は1時間半とちょっと長いですね。

 

名護バスターミナルから那覇バスターミナルへの時刻表はこちら

 

沖縄市街地に入ったらできれば国際通りやゆいレール駅の近くがいいので県庁北口で降ります。ここだと万座毛からのバス停とゆいレールの駅が近くて、国際通りにも近いから県庁北口で降りるのが便利ですね。

 

那覇市内でのホテルは1日目がリゾートホテルだったのでビジネスホテルでゆいレール駅の県庁前駅から徒歩3分の「アルモントホテル那覇県庁前」が建築年数も浅くて綺麗だし、便利がいいですね。

 

ホテルにチェックインして荷物を預けたら、そのままゆいレールで首里城へ行き、帰りに国際通りで買い物や晩御飯、カフェをしてホテルも国際通りに近いからとっても便利です。

沖縄車なしプラン3日目 青の洞窟

沖縄車なしプランの3日目は沖縄といえばやっぱり青の洞窟でのシュノーケリングも楽しみたいですよね!

 

青の洞窟へは那覇市内のホテルまでのピックアップと那覇空港へのドロップオフの送迎バスのサービスが付いたプランがあるからホテルから青の洞窟へ行き、そのまま那覇空港へ送ってもらって飛行機に乗ることができます。

 

那覇市内ホテル
↓ 送迎バス 約30分~1時間
青の洞窟 所要時間2時間
↓ 送迎バス 約30分~1時間
那覇空港

 

青の洞窟の送迎付きプランの所要時間はホテルから青の洞窟でシュノーケルを楽しんで那覇空港まで送ってもらって約4時間ほどです。

 

青の洞窟送迎付きプランの詳細はこちら

まとめ

沖縄は意外と車なしでも観光を楽しむことができます!

 

空港からのシャトルバスや路線バス、送迎プラン付きのアクティビティを使うと上手に沖縄観光を満喫することができますよ!

 

もし自分で全部調べていくのがメンドクサイ!という場合はじゃらん限定の終日観光バスツアーに申し込むのもおすすめです。バスツアーではバスではなかなか行きにくい古宇利島、沖縄美ら海水族館、御菓子御殿、万座毛、琉球村を1日で巡るから効率よく沖縄の観光スポットを巡ることができます。

 

しかもバスツアーは那覇市の県庁前から出ているから2泊3日那覇市の同じホテルに泊まれるので移動が少なくておすすめです。

 

じゃらんで終日観光バスツアーを申し込む

 

じゃらんには色々沖縄で体験できるプランもあるから時間に余裕が出来た場合は色々体験してみて下さいね!グラスボートからみる魚とかもおすすめですよ~!

 

 

ただ7月8月の夏の沖縄は日差しが本当にすごいです。冗談抜きで肌が焼けるような暑さです(笑)

 

だから夏の暑い季節に沖縄に車なしで行かれる場合は、路線バスを待つ時間やバス停から目的地までの移動の間、夏の暑さには気をつけてくださいね。

 

【関連記事】
沖縄で人気のアフタヌーンティーが楽しめるおすすめホテル7選!
沖縄でゆる~い時間が過ごせるおすすめの古民家カフェ9選!
沖縄でランチビュッフェが楽しめる人気ホテル厳選7選!

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。Photo by とある画像は許可済のものと無許可のものと両方あります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

東京駅・銀座周辺の女性にもおすすめのきれい系ビジネスホテル9選!

東京へ出張や観光へ行った際に便利なのがビジネスホテル。最近のビジネスホテルはレベルが高くておしゃれで

記事を読む

グランピングが楽しめる東海で人気の宿泊スポットおすすめ11選!

夏といえばキャンプの季節!自然豊かな場所で都会の喧騒を忘れアウトドアライフを楽しみたいですよね!

記事を読む

大阪から博多まで新幹線で行く割引おすすめベスト4!

この旅新大阪から九州の博多まで遊びに行くことになり、割引を使って安くいけないかなぁ~と色々と調べた結

記事を読む

しまかぜの予約のコツや取り方は?開始時間は何時から?取りやすい時期はある?

伊勢神宮に行く時に乗りたい観光列車の「しまかぜ」。   しまかぜは人気の電車だ

記事を読む

USJのハリーポッター入場確約券の料金や入手方法は?無料でも入手可能?

いよいよ来月7月15日にUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)にウィザーディング・ワールド・オブ・ハ

記事を読む

グランピングの本場、海外のおしゃれな高級グランピング厳選6選!

近年耳にする海外だけでなく国内でも注目を浴びてきているグランピング。グラマラスとキャンピングを合わせ

記事を読む

中の坊瑞苑の宿泊記!無料の貸切風呂やラウンジもあって有馬温泉のおすすめの高級旅館!

関西で人気の温泉地「有馬温泉」。   大阪か神戸市内からでも車や高速バスで約1

記事を読む

貴船神社の所要時間別観光コースおすすめ4選とおしゃれなカフェ2選をご紹介!

縁結びや京都でも最強のパワースポットとして有名な貴船神社。   京都駅からだと

記事を読む

九州のおしゃれなコテージがあるおすすめのキャンプ場厳選7選!

九州の大自然の中で楽しむキャンプ。雄大な自然に囲まれてのバーベキューや川遊びをしているととても癒され

記事を読む

淡路島観光は車なしでも大丈夫?バスでも行けるおすすめスポット8選!

大阪や神戸からアクセスも近い関西の人気の離島といえば淡路島!でも淡路島観光って車なしだと難しくないか

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑