*

直島へ!大阪からの便利なアクセスやおすすめスポットとカフェ情報!

公開日: : 最終更新日:2018/02/16 トラベル

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

黄色や赤といったドギツイ色のドットのかぼちゃで有名なアートアイランド直島。岡山県の瀬戸内に位置する直島には島中のいたる所にアートがあり、毎年多くの観光客が訪れます。

 

そんな直島への大阪からの行き方で、便利で安いアクセス方法とおすすめスポットをまとめました。直島に行こうかなと思ってる方の参考になれば幸いです。

 

大阪から直島へのアクセス

神戸まで出てフェリーで渡ったり、高速バスで行ったりと色々ありますが、ここでおすすめな交通手段は新幹線。大阪から直島まで出ているバスツアーは平日こそ安いですが、週末になると9800円くらいかかってきます。そして時間も結構かかります。

 

新幹線は早いけど高い!って思われるかもしれませんが、2人以上いく人が揃うと実は新幹線とっても安く行けるんです。

 

それは意外にも知られていない「こだま指定席往復きっぷ」。新大阪から岡山まで往復で7200円と通常往復料金より4840円もお得なんです。指定なので本数も限られていますが、直島に日帰りで行くには新幹線の時間も全然余裕があります。

 

行く日の21日から前日まで予約することができます。ただ一人で行く場合はこのこだま指定往復切符は購入することができないので誰か誘って行く場合に限りますね。

 

直島1dayスケジュール

交通費往復予算:新幹線(7200円)+バス(1280円)+フェリー(560円)+直島内バス(200円)=合計:9240円

 

直島にお昼までに到着し、一日直島で遊び夜23時までに新大阪に帰るプランです。岡山駅から宇野港までは電車でもいけますが安くて乗り換えがなく便利なのはバスです。

 

往路

新幹線:新大阪⇒岡山

新大阪 6:59発 岡山 8:18着 こだま731号
新大阪 7:41発 岡山 9:16着 こだま733号

 

7月16日から10月末の間に直島に行く場合は新大阪7:41発のこだま733号がおすすめです。

 

バス:岡山⇒宇野港(料金 大人 640円/小人 320円)

8:30(土日祝のみ運行)発⇒9:22着
8:40発⇒9:32着
9:30発⇒10:22着

こだま733号の場合は9時半岡山駅発のバスに乗ります。

 

naoshima10

船:宇野港⇒宮浦港(直島)大人 280円/小人 140円

10:00発⇒10:15着 フェリー ※7月16日~10月末まで運休
11:00発⇒11:20着 旅客船

 

宇野港に10時半ごろに到着するので11時発の船にのり直島に11時20分着。
このプランだとランチを直島ですることができます。

 

直島町営バス(料金:大人¥100、小人¥50)

直島町営バスはフェリーの発着所である宮浦港から、家プロジェクトのある本村地区、そしてつつじ荘までの間を運行しています。

 

11時20分に宮浦港に船が着くのでそのまま11:25発のバスに乗るとあのかぼちゃがあるつつじ壮に11:37に到着することができます。

 

宮浦港⇒つつじ壮
11:25発⇒11:37着

 

オススメの往路
新大阪7:41発 → 岡山駅 9:16着
岡山駅9:30発 → 宇野港10:22着
宇野港11:00発 → 宮浦港11:20着
宮浦港11:25発 → つつじ壮11:37着

 

つつじ壮に到着すると目の前には瀬戸内の美しい海がひろがっています!

naoshima02

 

復路

新大阪に22時半頃に帰るプランだと直島を19時02分のフェリーに乗り、19:49分発のバスで岡山駅に向かい、岡山駅で駅弁を購入し21:26発の新幹線に乗り22:38新大阪着のプランがおすすめです。

 

宇野港から岡山駅へ向かうバスは行きは遅れることはないのですが、帰りが遅れるのでバスと新幹線の時間は余裕をみてるほうが無難です。

 

船:宮浦港(直島)⇒宇野港

19:02発⇒19:22着
20:25発⇒20:45着
21:15発⇒21:30着

 

バス:宇野港⇒岡山駅

19:19(平日のみ運行)発⇒20:10着
19:49発⇒20:40着
20:46発⇒21:30着
21:46発⇒22:30着

 

新幹線:岡山⇒新大阪

21:03発⇒22:08着
21:26発⇒22:38着
22:14発⇒23:19着

 

オススメの復路
宮浦港 19:02発 → 宇野港19:22着
宇野港 19:49発 → 岡山駅 20:40着
岡山駅 21:26発 → 新大阪 22:38着

 

ちなみにバスで行く場合はこのバスバスのツアーバスが便利だと思います。
http://www.bus-bus.jp/naoshima/

 

直島おすすめスポットコース

美術館は月曜日が休館日なので月曜日以外の日に計画しましょう。

直島のシンボル黄色いかぼちゃ

naoshima01

直島といえばこの黄色いかぼちゃといっても過言ではないくらい有名なかぼちゃです。意外と大きく高さは大人より高く海に突き出した突堤にどーんと待ち構えています。

 

ベネッセハウス ミュージアム

naoshima06

開館時間:8:00〜21:00(最終入館20:00)
鑑賞料金:1,030円

 

黄色いかぼちゃからあるいても行けるのがベネッセハウスミュージアム。美術館とホテルが一体となっており、「ミュージアム」「オーバル」「パーク」「ビーチ」の4つの棟から成り立っています。これも安藤忠雄設計。

naoshima03

ミュージアムに向かう前に行きたいのがビーチ沿いにあるレストラン。ここから海を眺めながらのランチは最高です。営業していない時期もあるので事前に電話で確認が必要です。

naoshima05

山の上の方に立っているので景色はバツグン。またこの途中にも変ったアートが点在しているので注意してみてみてください。確か途中で桟橋に降りれるルートもありました。桟橋からの景色もまた風情があっていい感じです。

 

李禹煥美術館

naoshima07

開館時間:10:00〜18:00(最終入館17:30)/3月1日〜9月30日
10:00〜17:00(最終入館16:30)/10月1日〜2月末日
鑑賞料金:¥1,030

 

ミュージアムを後にし、さすがに疲れたのでバスに乗ります。つつじ壮からベネッセハウスミュージアム、李禹煥美術館を経由して地中美術館までバスで行くこともできます。ミュージアムから李禹煥美術館までは歩いて約15分くらいかな。

naoshima08

こちらも安藤忠雄デザイン。半地下構造からなる美術館の中に李禹煥の絵画・彫刻が展示されています。結構変ったものが多かったです。

 

地中美術館

naoshima09

開館時間:10:00〜18:00(最終入館17:00)/3月1日〜9月30日
10:00〜17:00(最終入館16:00)/10月1日〜2月末日
鑑賞料金:¥2,060
直島のかぼちゃの次に有名なのがこの安藤忠雄設計の地中美術館。まさにこの美術館をみに直島に来たといっても過言ではないくらいです。

 

館内にはモネなどの有名な作品もあり、また建物のほとんどが地下に建設されたこの美術館は地中に建設されてるとは思えないくらい自然光が入りこみ光と影のコントラストが美しいです。

naoshima11

ここに訪れたら是非行っておきたいのが地中カフェ。店内に入ると一枚ガラスの窓から瀬戸内の景色が一望できるカフェです。

 

直島銭湯「I♥湯」

naoshima12

帰り、少し早めに宮浦港に戻り銭湯へ。これもアートオブジェクトかと思いきやれっきとした銭湯。入浴もできます。

 

交通機関まとめ

ここに掲載されていない電車やバスのスケジュールは以下のリンクから確認してみて下さい。

新幹線(新大阪⇔岡山)
http://www.jr-odekake.net/railroad/ticket/tokutoku/

 

バス(岡山⇔宇野港)
http://www.ryobi-holdings.jp/bus/rosen/index/

 

船(宇野港⇔直島)
https://www.shikokukisen.com/instant/

 

直島町内バス
http://www.town.naoshima.lg.jp/

 

直島地図
http://benesse-artsite.jp/uploads/access/naoshima_print_jp.pdf

 

立ち寄りカフェ

naoshima14

フェリー乗り場近くのカフェで船の出発時間まで時間があったのでカフェによりました。その名もcin.na.mon。こちらのカフェゲストハウスも併設されているので直島に安く泊まりたい場合いいかもしれません。

 

面白かったメニューがカップラーメン!今もまだメニューにあるかどうかは分かりませんが、美味しそうな特製カレーに後ろ髪をひかれつつも面白さに負けてカップラーメンを始めてカフェで食べました。

 

cin.na.mon
香川県香川郡直島町宮浦2310-31
http://www.cin-na-mon.jp/

 

その他直島内にあるカフェ情報です。

 

直島カフェ コンニチハ
本村港の近く、民家を改装したカフェ
香川県香川郡直島町845番地7
http://konichiwa.jp/

 

Shioya ダイナー
I♥湯のお隣にあるアメリカンなカフェ
香川県香川郡直島町2227
http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370103/37006504/

 

玄米心食あいすなお
ヘルシーな発芽玄米を使ったランチやスイーツがあるカフェ
香川県香川郡直島町761-1
http://aisunao.jp/

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。Photo by とある画像は許可済のものと無許可のものと両方あります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

軽井沢プリンスコテージのウエストFタイプは8人の大人数でも泊まれる!赤ちゃん子連れにもおすすめ!

東京から新幹線で約1時間で行くことのできる人気の避暑地「軽井沢」。   新幹線

記事を読む

北海道のおしゃれなコテージがあるオススメのキャンプ場穴場10選!

雄大な北海道の大自然に囲まれてのキャンプは開放感たっぷりで癒されますよね。冬の間は営業していないキャ

記事を読む

山中湖のおしゃれコテージでバーベキューが楽しめるおすすめスポット8選!

富士五湖の中でも一番大きい山中湖。絶景の富士山を眺められる数少ないリゾート地の一つ。 &nbs

記事を読む

厳島神社へのアクセスで電車、フェリー、車、飛行機での行き方をご紹介!

満潮干潮時と別々の顔を見せる幻想的な雰囲気で人気の厳島神社。   厳島神社は広

記事を読む

名古屋のビジネスホテルで女性におすすめのおしゃれなホテル7選!

最近のビジネスホテルには女性専用ルームやレディースアメニティが充実しているプランなど女性に嬉しいビジ

記事を読む

屋久島の2泊3日で周れるおすすめ観光スポット5選!

大自然が広がる屋久島。今回初めて屋久島を訪れ2泊3日と短い時間のなか色々な観光スポットを巡りました。

記事を読む

関東地方のおしゃれなコテージがあるキャンプ場おすすめ19選!

これから夏なると行きたくなるのがキャンプ場!でもやっぱりキャンプするにもエアコンやトイレ、バスがつい

記事を読む

グランピングが楽しめる関東のおすすめスポット19選!

気軽にキャンプを楽しみたいけど初心者やアウトドアに馴染みがないとなかなか行く機会もないかもしれません

記事を読む

岐阜で川遊び&バーベキューが出来るおすすめコテージ12選!

岐阜県といえば、北部には標高3000メートル級の飛騨山脈が連なる山岳地帯があり、南部には平野部が広が

記事を読む

小豆島は車なしでも観光できる?バスだけで行けるおすすめスポット7選!

穏やかな瀬戸内海に浮かぶ小豆島。   小豆島と聞くとエンジェルルードや二十四の

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑