*

神戸でおいしいと評判のお勧めの洋食屋厳選7選!

公開日: : 最終更新日:2017/04/10 グルメ

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フレンチやイタリアンとオシャレな料理もいいけど、たまに食べたくなる懐かしの味、洋食屋さん。ビフカツにオムライス、エビフライと定番のメニューが美味しくてたまりませんね。

 

今回は洋食屋の激戦区、老舗のお店も多い神戸でおいしいと評判のおすすめの洋食屋をご紹介したいと思います。

 

 

洋食の朝日

kobe_yo01
Photo by 食べログ

神戸で洋食屋さんといえば!間違いなくダントツで人気の「洋食の朝日」。「西元町駅」「花隈駅」から歩いて約5分とアクセスも便利。リーズナブルな価格で美味しい洋食が味わえるとあって常に行列が出来る人気店です。

 

こちらでおすすめなのがビフカツ。リーズナブルな価格ながらも柔らかいビフカツはこちらにきたら是非食べてみてください!おすすめです。

 

ビフカツ 1380円

 

兵庫県神戸市中央区下山手通8-7-7
営業時間:11:00~15:00
定休日:土日祝
兵庫県神戸市中央区下山手通8-7-7
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28000591/

 

マルシェ

kobe_yo02
Photo by 食べログ

カレーが人気のマルシェ。花隈駅から坂を上って少し北に位置するこちらの大人気メニューはカレー。大阪ほんわかテレビや関西ウォーカーといったメディアでも多く紹介されているカレーの中でも人気なのがカツカレー。大きなお皿にボリュームたっぷりのカツカレー。このボリューム驚きです。

 

カレーは小麦粉を使わず、野菜やフルーツをふんだんに使っているので旨みたっぷりの優しい味。でも後からくる辛さがちょうど良い絶品カレーです。

 

カツカレー 1000円

 

兵庫県神戸市中央区下山手通6-4-6 タイコーマンション 1F
営業時間:11:30~15:00
定休日:日祝
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28001012/

 

欧風料理 もん

kobe_yo03
Photo by 食べログ

昭和11年創業の老舗洋食屋、三ノ宮駅から少し西にある生田ロードに位置する欧風料理 もん(RESTAURANT MON)。昭和の雰囲気が漂う老舗の洋食屋さんでレトロなお店では少しお値段が高めのリッチな洋食屋さん。

 

どこか落ち着く懐かしい雰囲気のこちらのおすすめは柔らかくあっさりと頂けるビーフカツレツ。またフルーツを使ったこだわりの上品テイストのカレーもおすすめです。

 

ビーフカツレツ 2400円

 

兵庫県神戸市中央区北長狭通2-12-12
営業時間:11:00~21:00
定休日:第3月曜
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000531/

 

グリル末松

kobe_yo04
Photo by 食べログ

三ノ宮からフラワーロードを北にあるき、加納町交差点から中に一本入った道に位置するグリル末松。駅から少し遠いけどもこちらで是非おすすめなのが人気のデミグラスソースのオムライス。

 

このオムライスにかかっているデミグラスソースは玉ねぎやにんじん、ニンニク、ワイン、ウスターソースなどが入った3日間煮込んだとてもコクのある味深いソース。卵は薄焼きながらもふんわりした出来上がりはまさに職人技ですね。この他にもおすすめは自家製のホワイトソースを使ったマイルドでクリーミーなカニクリームコロッケ。洋食メニューの王道ですね!

 

オムライス 864円

 

兵庫県神戸市中央区加納町2-1-9
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:00
定休日:火曜日
http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28000394/

グリル一平

kobe_yo05
創業1952年の神戸の老舗洋食屋さんグリル一平。こちらのオススメはなんといっても昔ながらの洋食屋の定番メニューオムライス。グリル一平の看板メニューとも言えるオムライスは昔ながらの薄い卵で巻くタイプ。そしてその上にかけられる絶品のデミグラスソースとの絶妙なハーモニーはこれだけを食べに行く価値ありです!

 

オムライスを試したら次におすすめなのがこれまた洋食屋の定番メニュー海老フライ。きめ細かなパン粉を薄くまぶした衣はサクサクの歯ごたえ。この上がり具合がまた絶妙なんです。

 
オムライス 800円
有頭海老のフライ 2000円

 

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-5-26 サンハイツ三宮1F
営業時間:11:00~15:00、17:00~20:30(Lo21:00)
定休日:水曜日 第三火曜日
https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28031154/

 

ラミ(L’Ami)

kobe_yo06
Photo by ぐるなび

 
元町の大丸からすぐのホテル出身のシェフが営む2000年にオープンした洋食屋ラミ。週末になるとオープン前から行列が出来ています。ホテルならではの上品な洋食がリーズナブルな価格で味わえるとあって人気のお店です。

 

こちらの人気メニューはふわふわたまごのオムライス。ソースは別添えになっていて、卵をナイフで切るとトロトロの卵が流れ出します。このビジュアルだけでも美味しいのですが、卵の絶妙な厚さとスライスした玉ねぎの食感がまた美味しいです。このオススメのふわふわたまごのオムライスはディナータイムだけなので是非夜に行ってみてくださいね。

 

ふわふわたまごのオムライス 972円

 

兵庫県神戸市中央区三宮町3-4-3
営業時間:11:00~14:45(L.O) 17:00~21:30(L.O)
定休日:月曜日
http://r.gnavi.co.jp/k224700/

 

洋食屋 神戸デュシャン

kobe_yo07

三ノ宮のSOLから少し南にいったタワーマンションの1階に位置する洋食屋 神戸デュシャン。神戸でTOOTH TOOTHやココノハを手がけるpotomakの系列店。老舗洋食屋とはまた違った洗練されたオシャレな洋食屋です。天井が高く開放感あふれる店内はゆったりとした作りなのでゆっくりと食事を楽しむことができます。

 

こちらのオススメはストウブを使った煮込みハンバーグ。黒毛和牛と国産豚肉に淡路産の玉ねぎを使ったジューシーなハンバークに特製のデミグラスソースがかかっていてアツアツのストウブの蓋を開けるとその香りだけでご飯がすすみます。

 

煮込みハンバーグ 1450円

 

兵庫県神戸市中央区八幡通4-1-27 D’グラフォート神戸三宮タワー 1F
営業時間:11:30~15:30(L.O.15:00) 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:不定休
http://www.kobe-duchamp.com/

 

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

イルソーニョ軽井沢ハルニレテラス店でイタリアンランチ!テラス席もあるから愛犬とも食事ができる!

軽井沢でおしゃれにイタリアングルメランチを楽しむならハルニレテラスのイルソーニョがおすすめ!

記事を読む

アメリカのチョコレートで人気のブランド7選!バレンタインにもおすすめ!

1月も中旬になるとそろそろバレンタインのチョコレートの時期がやってきますね。チョコ好きには一年で一番

記事を読む

世界のベストレストラン50、2014年のNo.1に輝いたデンマークの「Noma(ノーマ)」が日本にやってくる!

今年の世界のベストレストラン50で見事にNo.1に輝いたのはRene Redzepi (レネ・レゼッ

記事を読む

神戸でイートインが出来るおすすめの人気パン屋さん厳選10選!

お菓子系のパンや惣菜系、パードにソフトと女子ならみんな大好きなパン!激戦区の神戸には美味しいパン屋さ

記事を読む

京都清水寺周辺でおいしいランチが楽しめるレストランおすすめ7選!

京都清水寺周辺でおいしいランチといえば八坂の塔や二年坂あたりにおいしいお店が色々あります。 &

記事を読む

コムシノワ三宮へモーニングに行って来た!神戸で1位2位を争うほどの美味しいパン屋さん!

神戸三宮の美味しいパン屋さんでモーニングが出来るお店といえば、三宮駅から歩いて5分に位置する「ブラン

記事を読む

イーゲル(igel)の美味しい天然酵母パンは有馬温泉街からちょっと離れた穴場のパン屋さん!

太閤秀吉も愛した関西の奥座敷に位置する「有馬温泉」。   有馬温泉といば温泉街

記事を読む

東京丸の内で買える高級チョコレート6選!

カカオの芳醇な香りがいつの世も女性をトリコにしてしまうチョコレート。東京丸の内エリアには高級チョコレ

記事を読む

東京で夜に手ぶらで行けるおしゃれなバーベキュー9選!屋上バーベキュー情報も!

バーベキューといえばキャンプ場でのお昼のイメージもありますが、夜も楽しみたいですよね。特に都会だとイ

記事を読む

グリナリウム淡路島へのアクセスは?美味しいイチゴ串や絶品のトマトハヤシライスがおすすめ!

2019年2月1日にオープンしたいちご狩りが体験できたり新鮮な野菜を使ったレストランを併設したおしゃ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑