*

北海道の温泉で札幌から近いおすすめの温泉ベスト3と厳選宿9選!

公開日: : 温泉

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

北海道の温泉といえば登別温泉や洞爺湖温泉、定山渓温泉と有名な温泉がそろっており、北海道の雄大な自然を楽しみながらその名湯を楽しむことができます。

 

北海道といえば広いので観光地は沢山ありますが、初めて訪れる都市は札幌が多いかと思います。新千歳空港が出来てからアクセスは便利になり行きやすくなった北海道。観光名所も訪れたいけど、温泉も満喫したい!という方に、今回は札幌から近いおすすめの温泉地とおすすめの宿をご紹介したいと思います。

 

1.定山渓温泉 札幌から車で50分

札幌から一番近い定山渓温泉。札幌駅からもシャトルバスが出ているので広い北海道ですがアクセスがよく人気です。札幌から日帰りで行くことが出来るので日帰り温泉も楽しめる宿を紹介したいと思います。

 

ぬくもりの宿ふる川

hokkaido_on01

コンセプトを故郷としているぬくもりの宿ふる川は趣きのある風情なたたずまい。ほっと和むここちよさで日々の疲れを癒してくれます。宿には相田みつを・心のギャラリーや北海道の作家のギャラリーが天zされているのでゆっくりと静かなひとときを過ごすことができますね。

 

日帰り温泉
営業時間:12:00~16:00 (15:30)
料金:大人 1,100円 小人 550円
タオル貸出 セット200円
貸切風呂:2000円 50分

 

北海道札幌市南区定山渓温泉西4丁目 353
http://www.yado-furu.com/

 

定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌

hokkaido_on02

北海道の豊かな自然の中、まるでおとぎ話にでてくるような雰囲気が漂う森の謌ではラウンジでの焼きマシュマロやハープの生演奏、様々なジャンルの本が集められたランジシェルフと癒しの空間が充実しています。日帰りプランのランチブッフェのメインは週代わりなのも嬉しいですね。

 

日帰り温泉
利用時間:11:30~15:00
ランチブッフェ+日帰り入浴料金:大人2,800円~ 小人1,800円~

 

地下鉄真駒内駅前から森の謌まで無料送迎バスがあります。

 

北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目192番地
http://www.morino-uta.com/

 

Spa&Estherique翠蝶館

hokkaido_on03

女性に大人気の隠れ家のようなホテルのコンセプトは「体の外から、体の中からキレイになる」。エステで体の外から、温泉と食事で体の中から、そしてゆっくりと流れる時間で癒されると本当に女性に嬉しい空間となっています。タオルなども貸し出しであるので手ぶらで行くことができます。

 

日帰り温泉
利用時間:12:00~15:00
日帰りレティースセット:10000円~「昼食」+「エステ」+「源泉入浴」+「客室休憩」付
利用時間:12:00~17:00(最大5時間ステイ)

 

札幌中心から無料のシャトルバスが出ています。

 

北海道札幌市南区定山渓温泉西3丁目 57
http://www.suichokan.com/

 

章月グランドホテル

hokkaido_on04

1934年創業の老舗章月では客室はもちろん大浴場や露天風呂が渓谷に面して建てられているので季節ごとの定山渓の絶景を楽しむkとおができます。旬の食材を使った和食会席を食べ、源泉かけ流しの湯量豊富な温泉につかり、心も体も癒されますね。

 

日帰り温泉
利用時間:13:00~17:00
入浴料:大人 1,500円 小人 750円
タオル貸出 セット300円

 

北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目239
http://www.shogetsugrand.com/

 

2.登別温泉 札幌から車で1時間半

札幌駅前バスターミナルから高速バスが出ています。道南バスで約1時間40分。地獄谷、大湯沼川天然足湯、日和山と観光名所も多いので日帰りではもったいないのでおすすめの宿でゆっくりとしてみるのもいいかもしれないです。

 

心のリゾート海の別邸ふる川

hokkaido_on05

海に向って位置するラウンジには壁一面に本棚があり、らさにラウンジから出て外のテラスには足湯やハンモックが。オーシャンビューの露天風呂はまるで太平洋と温泉が一体化したような感じにさせられるのも海に面した心のリゾート海の別邸ふる川ならではの贅沢な景色です。

 

JR登別駅から無料送迎があります。

 

北海道白老郡白老町虎杖浜289-3
http://www.kokorono-resort.com/

 

登別温泉郷滝乃家

hokkaido_on06

まるで隠れ家のような温泉宿「登別温泉郷滝乃家」。客室の大きな窓からは間近に迫る登別の樹林を楽しむことができます。また露天風呂「地緑の湯」は四季折々の樹木の移ろいを楽しみながらこんこんと沸く温泉を楽しむことができます。

 

北海道登別市登別温泉町162
http://www.takinoya.co.jp/

 

望楼NOGUCHI登別

hokkaido_on07

洗練されたスタイリッシュな空間の中にも和の落ち着いた趣きが上手に入り混じりどこか神秘的な雰囲気。全室に源泉かけ流し展望風呂があるので時間を気にせず好きな時に温泉を楽しむことができます。全室スイートなので広々とした空間はまるで別世界にきたかのようです。一人でも利用できるので一人温泉旅で贅沢な時間をすごせます。

 

札幌駅北口から無料のシャトルバスがあります。

 

登別市登別温泉町200番地1
http://www.bourou.com/

 

3.洞爺湖温泉 札幌から車で2時間10分

札幌から中山峠を通って車で約2時間10分。JR札幌駅から洞爺湖温泉までは道南バスで約2時間45分。今回ご紹介する温泉の中では少し距離がありますが、ここ洞爺湖温泉は湯量が豊富でホテルや旅館の数は北海道随一を誇ります。洞爺湖と湖畔の山々の景色は北海道三大景観のひとつなので北海道に行かれる際にはここ洞爺湖温泉まで足を伸ばしてみるのもおすすめです。

 

日帰り温泉施設も数多く点在しているので札幌からでも日帰り温泉を楽しむことができます。日帰り温泉の施設の詳細はこちらから。

 

>>洞爺湖温泉観光協会

 

ザ レイクビュー TOYO 乃の風リゾート

hokkaido_on08

全室から洞爺湖を眺めることができ、屋上にある露天風呂から眺めるその景色は絶景。地産地消のブッフェ、ペット同伴OKの客室に10種類もある趣のある部屋と自由なスタイルで楽しめる温泉リゾートです。

 

札幌駅南口から無料シャトルバスがでています。

 

北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉29-1
http://nonokaze-resort.com/

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ

hokkaido_on09

洞爺湖といえばウィンザーホテルと言われるほど有名な一級リゾートホテル。内浦湾を見下ろせる山頂に位置しているので景色はバツグン。ヨーロピアン調のシックな作りの広々としたロビーから眺める洞爺湖の景色は格別です。

 

JR洞爺駅から無料シャトルバスがあります。

 

北海道虻田郡洞爺湖町清水
http://www.windsor-hotels.co.jp/

 

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

淡路島で日帰り温泉が楽しめるおすすめの温泉10選!

大阪から車で約1時間ほどで行ける関西随一のリゾートアイランド淡路島。島に入った瞬間、時間の流れが変わ

記事を読む

大阪で人気のおしゃれなスーパー銭湯おすすめ7選!

湯船の種類が多く比較的安い料金でお風呂を楽しむことができるスーパー銭湯。  

記事を読む

霧島温泉で人気のおしゃれなホテル・旅館おすすめ7選!

日本で初めて国立公園に指定された霧島連山の豊かな大自然が広がり、全国屈指の人気を誇る温泉に恵まれた霧

記事を読む

草津温泉の日帰りで貸切風呂がある穴場の温泉4選!

草津温泉は群馬県の西部に位置する温泉地で、兵庫県の有馬温泉、岐阜県の下呂温泉とともに日本の日本三名湯

記事を読む

天橋立のおしゃれな日帰り温泉おすすめ7選!

大阪から電車で約3時間20分、京都府北部の日本海側に位置する日本三景の一つ、天橋立。 &nbs

記事を読む

広島の日帰り温泉で貸切風呂があるおしゃれな宿6選!

尾道やしまなみ街道、宮島にポニョの舞台にもなった鞆の浦と広島はどこか懐かしい日本の風景を楽しむことが

記事を読む

絶景!富士山が見えるおしゃれな温泉宿、厳選9選!

山中湖や河口湖畔から湖を眺めながら見る富士山、そして温泉。これら全部揃うとなんとも贅沢なヒトトキを過

記事を読む

岐阜の日帰り温泉で人気の貸切風呂があるおすすめの宿8選!

岐阜といえば飛騨高山の古い街並みや北アルプスの雄大な大自然、世界遺産の白川郷と観光名所が点在していま

記事を読む

伊豆の海岸沿いにある温泉旅館厳選8選!

伊豆といえば修繕寺温泉、下田温泉、伊東温泉と関東でも屈指の名湯がありますね。そして伊豆のもう一つの魅

記事を読む

新潟の日帰り温泉で貸切家族風呂があるおしゃれな温泉6選!日帰り旅行におすすめ!

日本海に面しており多くの山々に囲まれている新潟はオーシャンビューや緑豊かな大自然の中で色々な風情を味

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑