*

城崎へカニを食べに日帰り旅行!おすすめの旅館と駅近グルメ情報!

公開日: : 最終更新日:2017/09/01 グルメ

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2月の終わりにJRのかにカニ日帰りエクスプレスを利用して城崎温泉へ日帰りでカニを食べに行ってきました。本場で食べるカニはやっぱり最高ですね!

 

そして城崎のゆったりとした雰囲気でかなりリラックスできました。城崎温泉には何回かいった事があるので今回は城崎温泉の駅周辺の旅館ではなく少し足を伸ばしてマリンワールドの側にあるホテル金波楼の和みプランに行ってきました。

 

JRおでかけネット

 

今回の日帰りの詳細をまとめてみましたので城崎温泉へ日帰りで行く際に参考にしていただけると幸いです。

 

城崎温泉まで電車での往路

kinosaki_kani14

JRのかにカニ日帰りエクスプレスは時間が決まっていて大阪からだと「はまかぜ」か「こうのとり」のどちらかから行くことができます。週末だったので料金は14700円。平日だと13200円。

 

今回は神戸方面の友人と一緒に行く旅だったので「はまかぜ」で行ってきました。大阪方面の人だと「こうのとり」でも行けるので便数は増えますね。「はまかぜ」は姫路経由、「こうのとり」は尼崎から福知山を経由して城崎方面へ向います。

 

はまかぜ1号
大阪 9:38発 城崎温泉 12:27着

 

この他には以下の3つの便も大阪から行く場合はちょうどお昼時に到着するので便利ですね。

 

特急かにカニはまかぜ
大阪 07:49発 城崎温泉 10:38着

特急こうのとり1号
大阪 08:12発 城崎温泉 10:58着

特急こうのとり3号
大阪 09:10発 城崎温泉 11:52着

 

帰りはギリギリまで滞在したかったので遅い便にしました。

 

はまかぜ6号
城崎温泉 17:17発 大阪20:05着

 

その他には夕方の便は以下の2便が便利です。

特急こうのとり24号
城崎温泉 17:02発 大阪19:47着

特急こうのとり26号
城崎温泉 18:18発 大阪21:00着

 

駅からホテルまで

kinosaki_kani07

城崎温泉に着くと送迎のバスが待ってました。送迎は予約かな?と思い当日に電話で確認してみるとJRから到着時刻の連絡が行ってて予約なしでも送迎車に乗ることができました。この辺り便利ですね~。

 

駅舎を出てすぐ右手に送迎バスが待っているので名前を告げると乗車することができます。帰りの送迎はないかなと思ってたのですが、帰りも送迎バスがあり14:00~16:00の間で30分間隔で運行していました。

 

ホテル金波楼

kinosaki_kani08

今回は駅周辺や温泉街ではなく駅から車で10分、日本海側に面したホテル金波楼へ行ってきました。外湯巡りはできませんがこの絶景はゆずれないですね!温泉街の趣きのある宿もいいですが、何回か城崎温泉へ行ったことがある人は少し足を伸ばしてみてこちらを利用してみるのもおすすめです。

 

ホテル金波楼
兵庫県豊岡市瀬戸1090
http://www.kinparo.com/

 

ここの決め手はなんといってもホテルのロビー、温泉から見える海!海が見える宿なので開放感溢れる中ゆったりと過ごすことが出来ました。

 

kinosaki_kani09

食事処はホテル2階にあるこれまた広々とした開放感溢れるダイニングで頂きました。一番奥の席からは日本海が見える絶景ビュー。私達はその手前でしたが窓が大きくとられているので明るくて気持ちのいい食事処でした。

 

食事の内容は

kinosaki_kani10

・洋ナシのジュース
・前菜2品(豆腐+山菜)
・カニ刺しと甘エビ
・茹でガニ
・焼ガニ
・レンコン饅頭
・カニつみれ鍋
・蟹釜飯
・香物
・赤出汁
・ホワイトチョコのムース

 

でした。小食な自分達にはちょうどぴったりの量なのですが普通に食べる人にはもしかしたら足りないかもしれません。その時は「和みプラン」ではなくワンランク上の「くつろぎ」や「極みプラン」などがいいかもしれません。

 

kinosaki_kani15

焼きガニとレンコン饅頭は出来たてをもってきてくれます。席にはあらかじめ料理が用意されているので到着と同時に頂くことができ時間の節約になるのでうれしいですね。

 

料理のお味は薄すぎず、濃すぎずちょうど良い味付けです。こういう大きめのホテルだと大味なのかなぁと思ってたのですが、いやいや美味しかったです。カニをたらふく食べたい人にはカニの量が少ないかもしれませんが、自分達には十分すぎる量でした。

 

食事の開始時間がだいたい13時頃。終了が14時頃でそれから温泉へ。食事テーブルに温泉券があるのでそれを持って大浴場へ。

 

大浴場からも露天風呂からもオーシャンビューで絶景温泉はやはりいいですね。

 

ホテルのすぐ手前に城崎マリンワールドがあり、ここのホテルを利用するとマリンワールドの割引チケットをロビーで伝えるともらうことができます。申告しないともらえないので行かれる方はロビー受付に寄るのをお忘れなく!2,470円の入場料が1750円になりました。

 

kinosaki_kani12

城崎マリンワールド
兵庫県豊岡市瀬戸1090番地
http://marineworld.hiyoriyama.co.jp/

 

ペンギンの散歩やイルカショーとか見れます。ニモ(クマノミ)もいました。

 

カニが食べられる駅近くの食事処

kinosaki_kani13

城崎温泉駅から温泉街へいく途中には沢山の食事処がありますが、今回見てみた中でおすすめの3件を紹介したいと思います。

 

大幸

kinosaki_ka04

Photo by 食べログ

駅から3分、温泉街に行く途中にあり新鮮な魚介類をリーズナブルな価格でいただくことができます。ネタが大きめの海鮮丼はおすすめです。

 

兵庫県豊岡市城崎町湯島130
時間:冬8:00~18:00、夏9:00~22:00
http://tabelog.com/hyogo/A2808/A280801/28025769/

 

海中苑

kinosaki_ka05

Photo by 海中苑

こちらも駅からすぐの温泉街までの途中にある食事処。こちらは2店舗あり本店は1階でも鮮魚の販売がされていました。お土産にこちらで購入したかにみそが絶品でした!!

安くておいしい魚介料理を食べることができます。カニの時期には活ガニを使ったフルコースもあるので日帰りでこちらを利用するのもおすすめです。

 

兵庫県豊岡市城崎町湯島132
時間:11:00~18:00
http://www.okesyo.com/kaichuen/

 

いなば

kinosaki_ka06

Photo by いなば

店の看板にかに道楽ばりの大きなカニがあり目を引くいなば。こちらは手軽な価格でしかもかにグラタンやかにクリームコロッケといった単品も充実しているのがいいですね。かにコースもあり日帰でちょっとかにを手軽に食べたい時におすすめです。

 

兵庫県豊岡市城崎町湯島224
時間:10:00~17:00
http://www.inabasengyo.com/

 

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

関連記事

京都でふわふわのかき氷が楽しめるおすすめカフェ10選!

暑~い季節になると食べたくなるのがかき氷!フレッシュなフルーツの果実をたっぷり使ったかき氷や京都だと

記事を読む

関西で人気の美味しい食パン専門店おすすめ9選!

ふわっふわでもっちもちの焼きたての食パンほど美味しいものはないですね。   食

記事を読む

身体に優しい無添加惣菜宅配

カラダに優しい無添加惣菜のおすすめ宅配サイト8選!

日々の仕事に追われて帰宅が遅くなると食事を作るのもめんどくさいですよね。  

記事を読む

大阪のレトロ建築の建物を利用したおしゃれなレストラン厳選8選!

大正から昭和初期にかけて経済の中心地だった北浜エリアにはヨーロピアンな雰囲気の重厚感ある近代建築ビル

記事を読む

神戸元町で美味しい朝食が楽しめるおすすめカフェ8選!

最近朝食ブームで朝からしっかり食べる!という方も多いのではないでしょうか?一日元気に過ごすのに欠かせ

記事を読む

神戸のホテルでランチブッフェ!おしゃれレストラン厳選7選!

神戸のおしゃれなホテルでちょっとプチ贅沢にランチビュッフェ♪   神戸といえば

記事を読む

新宿のホテルでランチビュッフェが楽しめるレストラン厳選5選!

友人とのランチや女子会、デートにもおすすめのホテルのランチビュッフェ。   新

記事を読む

大阪でデザート・スイーツビュッフェが楽しめる人気のホテル11選!

スイーツ好きにはたまらないデザートバイキング。好きなケーキを食べ放題出来るとあって甘いものに目がない

記事を読む

スイーツ女子必見!名古屋で絶品のおすすめパンケーキ5選!

パンケーキももうすでに日本の文化の一つになりそうなくらい浸透してきていますね。ふわふわで美味しいパン

記事を読む

お歳暮に人気の北海道の美味しいカニおすすめ6選!

プリプリで身がギッシリ詰まった甘~い身が美味しい冬の王様「カニ」。食べ応えのあるタラバガニやちょっと

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑