*

吉野山の桜の所要時間や回り方は?奥千本まで徒歩で行ける?絶景ポイントもご紹介!

公開日: :

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

関西で桜の名所といえば奈良県の吉野山の桜が有名ですよね!

 

吉野山の桜は標高差があるから下千本、中千本、上千本、奥千本と標高が上がるにつれて桜の開花が遅くなるので4月上旬から4月下旬ごろまで長い間桜を楽しむことが出来る貴重なお花見スポットです。

 

ただ山全体で桜を楽しむから歩く距離も結構あるし、結構広いから所要時間も気になるところ。

 

そこで今回は吉野山の桜を楽しむ所要時間別におすすめの散策コースをご紹介したいと思います。

 

吉野山の桜の所要時間は?

金峯山寺の黒門を基点に、金峯山寺、中千本エリアの如意輪寺、上千本エリアの吉野水分神社、奥千本エリアの金峯神社まで所要時間別にご紹介したいと思います。

 

サクッとコースなら1~2時間、プチハイキングなら3時間、がっつり吉野山の桜を全部堪能したい場合は4~5時間の所要時間があると吉野山の桜をそれぞれ満喫することができますよ♪

吉野山の桜の所要時間1~2時間 サクッとコース

 

黒門⇒(徒歩)⇒金峯山寺⇒(徒歩)⇒吉水神社⇒(徒歩)⇒竹林院⇒(徒歩)⇒黒門

 

黒門から金峯山寺、吉水神社、中千本公園まで行きランチやカフェをして吉野山の桜をサクッと散策するのにおすすめのコースです。

 

サクッとコースの絶景ポイントは黒門からちょっと駐車場の方面に行った昭憲皇太后 御野立跡からの景色。

 

黒門からは吉野山の方面とは逆方向ですけど、昭憲皇太后 御野立跡からの景色は絶景です♪サクッとコースの場合はここまで歩いてみるのもおすすめですよ!

 

昭憲皇太后 御野立跡の場所をGoogleMapで見る

 

あと吉野山のもう一つの楽しみといえば柿の葉寿司や吉野の葛を使ったスイーツですよね。

 

桜をちょっと見て吉野グルメを堪能したい!という方にはサクッとコースがおすすめです。

吉野山の桜所要時間3時間 如意輪寺からの上・中一目千本絶景コース(中千本)

 

黒門⇒(徒歩)⇒金峯山寺⇒(徒歩)⇒吉水神社⇒如意輪寺(中千本)⇒(バスor徒歩)⇒黒門

 

黒門から如意輪寺までの距離は約3キロで片道約45分のコースです。

如意輪寺まで道のりはアップダウンがあるからちょっとキツイけど如意輪寺から眺める景色は絶景ですよ!

如意輪寺ではお抹茶と和菓子を吉野山の桜の絶景を眺めながら頂くことが出来るからおすすめのコースです。

吉野山の桜の所要時間3~4時間 バス+上千本までのハイキングコース

黒門⇒(バス)⇒如意輪寺⇒(徒歩)⇒吉野水分神社⇒(徒歩)⇒金峯山寺⇒(徒歩)⇒黒門

 

黒門から如意輪寺までバスで行き、如意輪寺から上千本の吉野水分神社までプチハイキングを楽しむコース。

中千本からの絶景と上千本からの絶景と両方楽しみたい時におすすめのコースです。

 

吉野水分神社の近くの花矢倉展望台にも子守茶屋があって絶景の休憩も楽しめますね。

吉野山の桜の所要時間3~4時間 がっつり吉野山の桜満喫奥千本コース

 

黒門⇒(徒歩)⇒金峯山寺⇒(徒歩)⇒吉水神社⇒(徒歩)⇒竹林院⇒(バス)⇒金峯神社⇒(徒歩)⇒吉野水分神社(徒歩)⇒黒門

 

4~5時間のゆったりと時間が取れるなら吉野山の桜を満喫することが出来る奥千本がある金峯神社まで行くのがおすすめですね!

 

奥千本までは黒門からでもバスに乗れるし、竹林院からもバスに乗って行くことができます。

黒門から奥千本の金峯神社まではバスで片道約25分です。

 

ただ桜の見ごろの週末だと奥千本まで行くバスにはすごい行列が出来ているからバスの行列待ち時間も余裕をみてから行かれることをおすすめします。

吉野山の奥千本まで徒歩で行ける?

4~5時間の所要時間が取れる方でハイキングも楽しみたいという場合は奥千本まで徒歩で行って見るのもおすすめです。

 

片道5キロで1時間半の所要時間。帰りはちょっとスピードも遅くなるから往復で約3時間半ほどみておいたほうがいいですね。

 

奥千本まで往復歩いて行く場合の所要時間は往復3時間半とランチやカフェの時間も合わせると5時間ほどあるとゆっくり吉野山の桜を楽しめますよ。

吉野山の桜の回り方は?おすすめコース!

吉野山の桜の回り方は黒門⇒金峯山寺⇒吉水神社⇒勝手神社⇒竹林院⇒吉野水分神社⇒金峯神社⇒バスで黒門までが吉野山の桜満喫コースですね。

 

バスを上手に使えば大体3~4時間あれば散策とランチやカフェも楽しむことができます。

プチハイキングを楽しみたい場合の回り方は奥千本まで行かずに如意輪寺か吉野水分神社の2つコースもおすすめコースです。

 

個人的にはゆっくりお茶も楽しめる中千本の如意輪寺コースがおすすめです♪

吉野山の桜はいつまで?見ごろの時期は?

吉野山の桜は4月上旬から4月下旬ごろまでが見ごろの時期で、他の桜のスポットと比べると比較的長く桜を楽しむことができるのが特徴です。

 

それだけに週末はものすごい人ですね。ピークの週末だと観光バスは何百台という単位でバスが並んでいたし、吉野山の道も人でごったがえしています(笑)

道も人で溢れかえっています。混雑時の吉野山は山奥だとは思えないような光景ですよ~。

吉野山といえば葛餅もおすすめ!

吉野といえば葛が有名ですね!吉野山にも葛を使った甘味処も沢山あります。

 

その中でも吉野の絶景を楽しみながら葛もちが楽しめる「弁慶」がおすすめ!

 

弁慶
奈良県吉野郡吉野町吉野山559-2
弁慶の詳細はこちら

吉野山の行き方

大阪駅から吉野山まで行き方は大阪駅から環状線に乗って天王寺駅まで行き、天王寺から近鉄電車に乗り換えて吉野駅まで行きます。

 

>>吉野山の桜へのアクセスで電車での行き方は?奥千本や上千本への行き方もご紹介!

 

吉野駅に着いたら目の前にロープウェイがあるのでロープウェイに乗って山頂まで行きます。ロープウェイに乗らなくても歩いても山頂までいけますよ。歩いたら25分~30分ほどかかります。

 

吉野山の奥千本まで歩いていかれる場合はロープウェイに乗って体力を温存された方がいいかもしれませんね。奥千本までバスで行かれる場合は帰りロープウェイは行きは乗って帰りは歩くというのもおすすめです。

 

大阪駅
↓ 環状線 快速だと15分 190円
天王寺駅

大阪阿倍野橋駅
↓ 近鉄急行吉野行 約1時間半 970円
吉野駅

千本口駅
↓ ロープウェイ 3分 350円
吉野山駅

まとめ

吉野山の桜は所要時間が3~4時間ほどあるとゆっくり散策してみて周ることができます。

 

全部歩きだと3~4時間だとちょっと厳しいコースもあるからバスも上手に使って花見を楽しみましょうね!

 

また滞在時間が3時間ほどあるバスツアーでの吉野山の桜散策も遠方から行かれる場合は電車の時間を調べたりしなくていいから楽チンでおすすめですよ♪

 

【関連記事】
奈良のおしゃれな古民家カフェ、おすすめ7選!
奈良の初心者におすすめのハイキングコース5選!紅葉の時期にもおすすめ!
奈良の桜の名所7選とおすすめグルメ情報!プチ旅行にも最適!

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

海津大崎の桜の見ごろは?アクセス方法やクルーズ船、ランチ&カフェ情報もご紹介!琵琶湖一の絶景!

日本のさくら名所100選にも選ばれている滋賀県の北部に位置する海津大崎の桜。  

記事を読む

福島の桜の名所6選とおすすめグルメ情報!ライトアップ情報も!

福島には会津若松城や霞ヶ城公園、日本三大桜の三春滝桜と名所があり時期も4月中旬~下旬と都心よりも遅め

記事を読む

哲学の道の桜の見頃は?アクセス方法やおすすめカフェ情報もご紹介!

京都の桜の名所で欠かせないのが哲学の道。   銀閣寺の手前の銀閣寺橋から南禅寺

記事を読む

京都二条城の桜の見頃やライトアップとおすすめカフェ&レストラン5選!

徳川家康公が築城し1626年に3代目将軍家光によって完成された二条城。二条城は京都でも桜の名所の1つ

記事を読む

京都嵐山の桜名所6選を巡るコースとおすすめグルメ情報!

嵐山といえば京都でも屈指の観光名所。春は桜、秋は紅葉と毎年多くの人で賑わいます。  

記事を読む

姫路城の桜の見ごろとおすすめカフェ&レストラン5選!

平成の修理を終えていよいよグランドオープンする姫路城!美しい白漆喰の城壁と優雅な外観から白鷺城の名を

記事を読む

福岡の桜の名所6選とおすすめカフェ&レストラン情報!

自然豊かな福岡は市内からアクセスの良い桜の名所や車で1時間ほど走るとのどかな田舎の中で楽しむ桜などお

記事を読む

滋賀の桜名所6選とおすすめカフェ情報!琵琶湖を眺めながらの絶景カフェも!

桜といえば滋賀県のお隣京都が人気ですね。でも滋賀には京都に負けないくらい景色が美しく、また人出も少な

記事を読む

京都岡崎エリアの桜の名所5選を巡るコースとおすすめグルメ情報!

京都でも人気の桜の名所、岡崎エリア。哲学の道や平安神宮、また船にのってクルージングやライトアップも楽

記事を読む

関東の桜の名所おすすめ9選!夜桜が楽しめるライトアップ情報も!

3月に入り、日も長くなりいよいよ季節も春めいてきましたね。春といえばやっぱり桜!河川敷の桜の並木道や

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑