*

瀬戸内海の島めぐりにおすすめの離島6選!

公開日: : 最終更新日:2018/06/12 トラベル

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合があります。お出かけやご利用の際には公式サイトで要確認です!

瀬戸内海には大小無数の島が点在していて、アイランドホッピングも楽しむことができる貴重なエリア。

 

のどかな海に浮かぶ島を眺めながら、島内でののんびりとした時間をすごしながらと島ならではの楽しみ方がありますね。

 

今回は瀬戸内海の島めぐりにおすすめの離島をご紹介したいと思います。穏やかな瀬戸内に浮かぶ島で過ごす時間はいいですよ~!

 

 

小豆島 香川県

seto_i01

瀬戸内海でも2番目の広さを誇る小豆島。新鮮な魚介や山の幸に日本で初めて栽培に成功したオリーブに400年もの歴史を誇る醤油、うどんと美味しいものと豊かな自然で癒し度も高い人気の離島。

 

瀬戸内海の離島の中では比較的大阪からでもアクセスが便利な所も人気のポイントです。

 

アクセス
神戸港からフェリーで小豆島の坂手港まで約3時間。

 

 

小豆島のおすすめの宿

醤油蔵が連なる「醤の郷」に位置する島宿「真里」。

 

古民家をリノベーションした宿は趣が異なる7つのデザインの客室があり美肌効果のある温泉も楽しめ、テラスからは島風を感じながらのんびりと島の時間を過ごすことができますよ。

 

味わう、もろみの島宿。日本料理 mari「真里」
香川県小豆島醤油蔵通り
真里の詳細はこちら

 

小豆島のおすすめカフェ

古民家をリノベーショした海が見える「小豆島 海の見えるカフェ タコのまくら」。島の食材を使った野菜がメインのランチや自家製シロップやドリンクや手作りスイーツを楽しむことができます。

 

小豆島 海の見えるカフェ タコのまくら
香川県小豆郡小豆島町池田1336
小豆島 海の見えるカフェ タコのまくらの詳細はこちら

 

直島 香川県

seto_i02

現代アートを楽しむなら直島がおすすめ!大阪からでも日帰りで行くことができる直島は美術館巡りもいいのですが、外でのアートも楽しみたいので春先や初夏、秋といった季節のいい時期に美術館巡りをする時におすすめです。

 

アクセス
宇野港から約20分。
大阪からだと新幹線、バス、フェリーを入れると約2時間半。

 

 

【関連】直島へ!大阪からの便利なアクセスやおすすめスポットとカフェ情報!

 

中奥

家プロジェクト 南寺から歩いて2分に位置する古民家カフェ「中奥」。

 

木のぬくもりが感じられる中奥はランチ使いからカフェ、ディナーまで色々使えて便利!

 

窓から見えるのどかな風景を眺めながらふわっふわのとろとろオムライやケーキを食べながら癒される時間です♪

 

中奥
営業時間:11:30~21:00
定休日:火曜日(不定休あり)
香川県香川郡直島町本村中奥1167
中奥の詳細はこちら

 

犬島 岡山県

seto_i03

Photo by ベネッセアートサイト直島

島に残る銅製錬所の近代産業遺跡とそこに作られた犬島銅製錬所美術館。島ののどかな暮らしや風景に溶け込むように存在しているアートを楽しむことができます。

 

アクセス
宝伝港から10分。
大阪からだと新幹線で岡山まで行き、JR赤穂線で西大寺駅へ。そこからバスに乗り約55分で宝伝港へつきます。2時間半~3時間ほどですね。

 

小豆島からも25分でいけるのでアイランドホッピングもできますね。

 

 

犬島おすすめのカフェ

犬島精錬所美術館内にあるカフェ。犬島精錬所美術館の建築美を眺めながら島で採れるところてん草を使ったコーヒーゼリーや島民レシピのショウガを使ったオリジナルドリンクを楽しむことができます。

 

直島の地中海美術館の中のカフェもそうですけど、美術館内のカフェって静かで落ち着けるからいいですね。

 

精錬所カフェ
営業時間:10:30~16:30(L.O.16:00)
定休日:月曜日・火曜日
岡山県岡山市東区犬島327-5 精錬所内
精錬所カフェの詳細はこちら

 

宮島 広島県

seto_i04

世界遺産の厳島神社がある宮島。宮島口から約10分で行ける宮島は瀬戸内海の離島でも人気のスポット!

 

おしゃれなサードウェーブ系コーヒースタンドも色々できていて、ちょっと観光地から足を伸ばすと豊かな自然が広がっていて、のんびり過ごすには最高です!

 

アクセス
宮島口から10分。
大阪からだと広島まで新幹線で1時間半、広島から宮島口まで約30分と2時間半もあれば行くことができますね。

 

宮島でおすすめのお店

静かな裏路地を進んだ先に位置する古民家をリノベーションした「牡蠣祝」。小高い丘の上に建っているのでテラス席からだと宮島の街並みや瀬戸内海を眺めることができる絶景が楽しむことができます。

シンプルでおしゃれなコンクリートテラスでゆっくりとした時間を過ごすことができますね。

 

牡蠣祝
営業時間:12:00~16:30
広島県廿日市市宮島町539
牡蠣祝の詳細はこちら

 

【宮島関連記事】
宮島に行ったら是非立ち寄りたいおしゃれなカフェ9選!
宮島観光の所要時間は?滞在時間別プランをご紹介!
宮島のあなごめしおすすめランキング!有名所からミシュラン星付までご紹介!
宮島宿泊におすすめのホテル13選!格安から温泉旅館、厳島神社に近いと用途別!

 

豊島 香川県

seto_i05

Photo by ベネッセアートサイト直島

直島や犬島に続く現代アートの島「豊島」。島にある美術館「豊島美術館美術館」は美術館とは思えない建築美でコンクリートに包まれた空間の中、ただただ風の音、鳥のさえずりなどここでしか味わえない体験を楽しむことができます。

 

アクセス
宇野港から豊島家浦港まで小豆島豊島フェリーで40分。
大阪からだと岡山まで新幹線で約1時間、岡山から宇野港までバスで約50分なので3時間弱ほどで行くことができますね。

 

 

豊島でおすすめのカフェ

昭和の雰囲気が漂う古民家カフェ「食堂101号室」。田舎のおばあちゃんの家にいったかのような雰囲気でのんびりとくつろぐことができます。

 

食堂101号室
香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃1053
食堂101号室の詳細はこちら

 

大久野島(うさぎ島) 広島県

seto_i06

広島県の竹原市の沖合い、瀬戸内海に浮かぶ島「大久野島」。別名うさぎ島とも言われるほどの島には700羽以上のうさぎが島のあちこちに住んでいます。

 

かわいいウサギと温泉と瀬戸内の景色に瀬戸内海の海の幸を楽しめるリゾートアイランドですね。

 

一方、火力発電所の跡や火薬庫跡、砲台跡などの戦争遺跡があり時代を感じさせられますね。

 

アクセス
忠海港から約12分。
大阪からだと新幹線で三原駅まで約1時間40分、三原駅から忠海駅まで20分、島まで約2時間半ほどでいくことができます。

 

休暇村大久野島
広島県竹原市忠海町大久野島
休暇村大久野島の詳細はこちら

 

【関連記事】
関西から日帰り旅行で行けるおすすめ離島5選とカフェ情報!
淡路島のカフェ&レストランで海が見える絶景おしゃれスポット15選!
関西・西日本の夏に訪れたい絶景スポットおすすめ7選!
グランピングが楽しめる関西のキャンプ場おすすめ15選!

掲載の内容は記事公開時のものなので変更されている場合がありますので公式サイトで要確認です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

名古屋のビジネスホテルで女性におすすめのおしゃれなホテル7選!

最近のビジネスホテルには女性専用ルームやレディースアメニティが充実しているプランなど女性に嬉しいビジ

記事を読む

軽井沢プリンスコテージのウエストFタイプは8人の大人数でも泊まれる!赤ちゃん子連れにもおすすめ!

東京から新幹線で約1時間で行くことのできる人気の避暑地「軽井沢」。   新幹線

記事を読む

日本からフランスのパリへは飛行機で何時間?航空券の格安チケットの探し方もご紹介!

フランスの首都パリがあるヨーロッパは日本のほぼ裏側辺りにあるから結構遠く感じますよね。 &nb

記事を読む

モンサンミッシェルへ安く行く方法は?パリからの行き方をご紹介!

フランスに行ったら一度は訪れたい世界遺産のモンサンミッシェル。   モンサンミ

記事を読む

ディズニーのホテルで6人部屋の大人数で泊まれるおすすめホテル6選!

ディズニーに親子3世代や6人グループの大人数で遊びに行く時に利用したいのが6人部屋があるホテル。

記事を読む

小豆島へのアクセスで大阪から安い行き方は?色々比較してみた!

小豆島へのアクセスは大阪から3通りの行き方があります。   ①姫路まで電車で行き姫

記事を読む

伊勢神宮の入場料や営業時間は?参拝順序や行き方もご紹介!

日本の最高神を祀る三重県にある伊勢神宮。   初めて伊勢神宮に行く時に入場料や

記事を読む

関東から日帰りで楽しめる絶景スポットと絶景温泉おすすめ6選!

日ごろの疲れを癒してくれる美しい風景、関東には日帰りでアクセスできる絶景スポットがあり非日常の時間を

記事を読む

有馬グランドホテルの部屋食で頂く優雅で絶品の夕食!【宿泊記】

有馬温泉の中でも高台に位置するから眺めがすばらしい「有馬グランドホテル」。  

記事を読む

河口湖大石公園のラベンダーやコキアの見頃はいつ?駐車場やライブカメラ情報も!

富士山と河口湖が一緒に撮影できる絶景ポイント「大石公園」。大石公園といえば夏のラベンダー、秋のコキア

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク
PAGE TOP ↑